Rolfing大阪

images
「健康への投資」という考え方
dot

人間の主体は、「心」であると私達は信じています。私達は、Rolfing®をとおしてクライアントの皆様方の身体に現れる様々な現象をみつめてきました。そして「人間の主体が心である」ことを深く実感しています。Rolfingにこめられた創始者・アイダロルフ女史の哲学性は、還元主義的な現代医学の枠をこえ、「全体」としての人間に向けられていると信じます。私たちにとってRolfingは、「全身全霊をかけるに値するもの」(Rolfing 講師: Marius Strydom氏)の言葉そのものであり、同時に世界中で活躍するRolferの一員としての誇りと責任を強く・強く感じています。私たちは、アイダロルフ女史の意思を引き継ぎ、より「心と体をつなぐ」役割をはたすために、Advanced Rolferとしてクライアントの皆様方とRolfingを創造していくことを何よりの喜びとしています。

Rolfingの定義は1992年、ロルフ研究所によって定義されました。Rolfingとは哲学であり、科学であり、筋膜への手技をとおしておこなわれる“重力と空間における人体構造の総合芸術”であり、そしてムーブメント教育です。

Rolfingはホリスティックなボディワークです。Rolfingは、あなた自身の身体に内在する「法則性」を再発見し、育んでいくプロセスであり、あなた自身が描く「未来」が具現化するプロセスでもあります。全ての可能性は、あなたの“内”に存在しています。だからこそ、Rolfingによって目覚めた“小さな変化”は、あなたという存在の中で確実に成長する!と確信しています。
そして、Rolfingが “あなたの人生の一部”として溶け込んだとき、それが「本当のRolfing」であると信じています。
Rolfingがその手技においても、その原理においても広く普及し、健康的な日常生活の基となっていくことを祈念しています。

Wornitz(ワーニッツ)はワークエデュケーションを融合した独自のメッソドです。
からだの結合柔組織に「必要圧」というワーニッツ独自のプレッシャーを加え、組織内の「負の静的均衡」を崩すことで、からだ本来の動きを取り戻すということを目的としています。さらに、よりよい習慣性を定着させるためのアプローチを、エデュケーションという言語を合わせる事により、より効果的に成果を上げる事が出来ます。

クライアントの目的に応じてセッションを組み立てます。個別の問題に取り組むことが可能です。
Rolfing basic10 series完了の方は、新たな習慣性の確立にむけた上級セッションとしてお受けいただけます。構造的な向上だけでなく、感覚や認識の向上にもアプローチを重ねることで、身体的な変化が継続し、定着していきます。

Advanced Rolfingの手技を基礎として、Botaniaのムーブメント要素を直接身体へ伝えていくために創られたメソッドです。1回のセッションごとに、身体本来がもつ“ゆるやか”で“のびやか”なムーブメントが復元してゆくプロセスを感じ取ることができるでしょう。肉体的な改善と同時に、自己への理解が深まっていく体験は、心身ともに安心感をもって過ごすための第一歩になります。個人の身体的目的に合わせて3回~5回の施術を1タームとてし、身体の変化・改善を促していきます。さらに2年~3年の期間に3タームを目安に、ご自信の目的に応じたペースでセッションを進めます。

自律神経系の失調による不眠・不定愁訴。肉体や精神的ストレスが原因の高緊張状態によって生じる腰痛・肩首の不調。側湾症状の改善など。具体的な目的にも効果がみられます。 さらに、ピラテスやヨガ、その他の身体表現に関わるパフォーマンス能力の限界に対して、未開の可能性を呼び覚ますことができます。

クレニオセイクラムワークの手技は“5グラム・タッチ”と呼ばれるほど柔らかく繊細で、緩やかな手技です。
わたしたちの根源的生命活動には、肺呼吸や心拍以外の「脳髄液」のリズミカルな運動が存在し、「生命と健康」の重要なメカニズムが維持されています。 脳髄液とは、第3脳室内の特殊な毛細血管(脈絡ゴウ)から産生され、その循環運動によって中枢神経系自体の保護と生存に関わっている重要な液体です。
心身のストレスや姿勢など、この循環運動を妨げるような要素が多くなると、中枢神経による生命活動そのものが機能低下し、様々な不定愁訴の原因となります。 一般的医療ではこの脳髄液への配慮がほとんどありません。
脳髄液そのものの循環システムがより正常に働く事を目的とします。

■Cranio Sacramは脳髄液の流動性に必要な、頭蓋及び脊椎、仙骨・尾骨などの部位を含みます。
■外的には非常に静かな刺激ですが、人によっては内的変化を、施術後に30分~2時間ほど軽い船酔い様の感覚などとして感じる方もいます。そのため、セッション後のご予定はゆとりをもっていただくとともに、車の運転などは十分お気をつけください。
■施術は着衣のまま行います。その為、柔らかでゆったりとした素材やデザインの服をお薦めいたします。デニムなどは適しません。

“知は力なり”
情報化社会のなかで、本当に自分に必要な知恵となる情報を得ることは難しくなる一方です。『知らなかった』や『そうだったの?』という小さな“思い違い”の蓄積が、身体の不調の原因となっていることが実際はたくさんあります。
話すこと、話しあうことで得られる“気づき”が問題解決そのものであることを多くの方が体験されています。
Advanced Rolferである私たちと一緒に取り組んでいきましょう。

料金
dot

【 消費税導入のお知らせ 】

2018年4月1日より以下料金(消費税込)に改定いたします。
今後とも、よろしくお願いいたします。


Rolfing®
basic 10 series

15,000円/回(税込)新田忍
12,000円/回(税込)新田祥子

インタビュー・更衣含み各回約90分(初回時カウンセリング約30分追加)
#1の実施日とカウンセリング日が異なる場合、カウンセリング終了時に5,000円をお預かりいたします。


Rolfing®
Advanced

15,000円/回(税込)新田忍
インタビュー・更衣含み各回約90分(初回時カウンセリング約30分追加)


Wornitz

15,000円/回(税込)新田忍
インタビュー・更衣含み各回約90分(初回時カウンセリング約30分追加)


Botania®
上級個人セッション

20,000円/回(税込)
インタビュー・更衣含み約2時間30分


Cranio Sacrum Work

13,000円/回(税込)新田忍
インタビュー含み約60分。身体最深部へのワークとなりますので、終了後約30分ほどの時間的余裕をもってご予約ください。


Rezzo

7,000円/回(税込)新田祥子
インタビュー・更衣含み約90分


Body Caunsel

5,000円/回(税込)新田忍 川合律子
約60分
お話の内容は問いません。“今”を大切に向きあってください。


■ 更衣について

Rolfing、Wornitz、Botania 上級個人セッション、Rezzoの各セッションでは、直接素肌への施術が中心となります。女性のお客様は、下着に準じた上半身(カップ付きキャミソールなど)下半身(ショートパンツなど)のご準備をお願いいたします。ご不明の場合は、初回時に当方でご用意もございます。

■ご予約について

各施術は上記専門が担当させていただきます。ご予約お申し込み時に、ご希望の施術または担当者をおしらせください。24時間以内に担当者よりご連絡いたします。

■ご予約の変更について

ご予約のご変更は、24時間前までに電話またはメールにて直接担当者へご相談ください。

■キャンセルについて

キャンセルは、ご予約24時間前までに電話またはメールにて直接担当者へご連絡ください。24時間前を過ぎますと、キャンセル料金が発生致します。

■その他のご質問

ご体調や施術内容などへのご質問・ご相談は、どうぞお気軽にお尋ねください。

プロフィール
dot

日本大学芸術学部演劇学科卒
米国Rolf Institute(ロルフ研究所)会員
IASI(世界身体統合協会)会員
日本Rolfing協会 会員

米国Rolf InstituteにてUnitⅠ~Ⅲを履修。
2004年7月 公認Rolfer及びRolf Movement Practitioner
2005年5月 公認Cranio Sacrum Work Practitioner
2010年9月 公認Advanced Rolferとなる。

Marius Strydom (UnitⅠ)
Lael Katharine Keen (UnitⅡ / Advanced)
Pedro Prado (UnitⅢ)
Sally J. Klemm,M.Ed. (Advanced)
Gael Ohlgren (Advanced)
Jane Harrington,M.A (Movement)
Suzanne Picard (Movement)
Heather Starsong (Movement)
Jonathan S. Martine (Mentorship)
Ray McCall (Mentorship)
Jim D.Asher (Cranio Sacrum Work) 他多数に学ぶ。

日本女子大学家政学部食物学科卒
米国Rolf Institute(ロルフ研究所)会員
日本Rolfing協会 会員

米国Rolf InstituteにてUnitⅠ~Ⅲを履修。
2004年7月 公認Rolfer及びRolf Movement Practitioner
2010年9月 公認Advanced Rolferとなる。

Marius Strydom (UnitⅠ)
Lael Katharine Keen (UnitⅡ / Advanced)
Pedro Prado (UnitⅢ)
Sally J. Klemm,M.Ed.(Advanced)
Gael Ohlgren (Advanced)
Jane Harrington,M.A (Movement)
Suzanne Picard (Movement)
Heather Starsong (Movement)
Jonathan S. Martine (Mentorship)
Ray McCall (Mentorship) 他多数に学ぶ。

宝塚造形芸術大学(現宝塚大学)産業デザイン学部卒
米国Rolf Institute(ロルフ研究所)会員
日本Rolfing協会 会員

米国Rolf InstituteにてUnitⅠ~Ⅲを履修。
2017年12月 公認Rolferとなる。

Adam Mentzell (Phase1)
Neal Anderson (Phase1)
Meg Mauer (Phase1)
Kevin McCoy (Phase2)
Ray McCall (Phase3) 他多数に学ぶ。

アクセス
dot

〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎1-3-6
HF梅田レジデンスタワー1502

Contact

名前Your Name
ふりがなName Reading
メールアドレスMail Address
メールアドレス
(確認用)Mail Address Confirm
性別Gender
電話番号Phone Number
お問い合わせの種類Inquiry Kind
お問い合わせの内容Mail Contents